DMなぶら デュエマ速報

デュエルマスターズのデッキを紹介やカード考察をしていきます。


今回紹介するデッキは「緑単ループ+タッチ赤白」です。

ベイBジャック


制限改定によって弱体化したと思われてたデッキでしたが、制限改定後もCSなどで結果を残しているデッキになります。

[紹介動画]



[デッキレシピ]

マナ カード名 枚数
1 トレジャーマップ 4
1 ベイBジャック 3
2 ステップル 4
3 ジャーベル 4
3 フィーバーナッツ 2
3 カブラカターブラ 1
3 オチャッピィ 1
3 サンマッド 1
3 ベジタバッタパンツァー 1
3 ハヤブサマル 1
4 堀師の銀 3
4 ゴエモンキー 1
4 大勇者「鎖風車」 1
4 アラゴトムスビ 1
5 マリニャン 4
5 バロンゴーヤマ 2
5 逆転のオーロラ 1
6 ギョギョウ 2
6 大きくて小さな農園 1
8 プチョヘンザ 1
10 ジョリーザジョニーJoe 1


[動かし方]

序盤(1~3ターン目)
トレジャーマップ、ジャーベルなどで、パーツを探し、ステップルでマナ加速をします。
相手が除去が少ないデッキの場合、ベイBジャックを出すとくと、最速でマリニャンが出せます。

中盤(4~6ターン目)
マリニャンからエウルブッカを展開しましょう。
相手の攻撃がつらい場合は、ギョギョウをたてて、プチョヘンザなどで除去するといいです。

終盤
3コスト軽減を達成したら、場にベイBジャックがいて、堀師の銀、アラゴトムスビが見えてれば、無限マナチャージができます。

アラゴトムスビ堀師の銀



(手札に堀師の銀、場に3軽減、ベイBジャック、アラゴトムスビがいるとき)
1アラゴトムスビをタップして、堀師の銀を召喚、効果でアラゴトムスビをマナに
2マナのアラゴトムスビと、場の堀師の銀をタップして、マナ爆弾でアラゴトムスビを召喚、
 マーシャルタッチで堀師の銀を手札に戻し、マナチャージ
 1に戻る

このループをしていると、堀師の銀の効果で相手の場を一掃できるので、相手のクリーチャーがいない状態からゴエモンキー→ジョリーザジョニーJoeで勝ちです。

[デッキ構築]
・ギョギョウ、プチョヘンザ

ギョギョウプチョヘンザ



ビートに強くしたかったので、入ったカード
ギョギョウは革命2で1コストで出せるので、状況によって展開して、プチョヘンザに革命チェンジしたり、そのまま殴ったりできます。
ギョギョウの効果はマグナムに弱いので、赤青ブランドなどのデッキには気を付けましょう。

・バロンゴーヤマ

バロンゴーヤマ


フィーバーナッツ、アラゴトムスビ、カブラカターブラを出せるカードです。
状況によって出せるカードが選べて、とても強力です。
山札も見れるので、パーツが盾落ちしてる場合は、カブラカターブラで逆転のオーロラを回収して、打つことができます。

・逆転のオーロラ

逆転のオーロラ


盾落ちケアのカード。
ギョギョウの革命を無理やり発動させることもあります。


[まとめ]
1枚しか入ってないカードたちをうまく使えば、無理やりループに入ることができます。
基本的には上の無限マナチャージができるようにプレイングするといいと思います。
ループパターンがありすぎるので、実際にプレイしてみてください。
ループの確率を上げたい場合は、フィーバーナッツやカブラカターブラを増やすといいと思います。

本日は、9/16発売のデュエマ新弾、気分J・O・E×2メラ冒険に収録予定の「水上第九院 シャコガイル」について考察したいと思います。

シャコガイル


まずは効果から見ていきましょう。

<水上第九院 シャコガイル>
文明 水
パワー 13000
コスト 9
■ T・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加え、シャッフルする。
■相手のターンのはじめに、カードを5枚引き、その後、自分の手札を2枚捨てる。
■自分の山札の最後の1枚を引く時、ゲームに負けるかわりに勝つ。


注目するべきは何と言っても最後の「自分の山札の最後の1枚を引く時、ゲームに負けるかわりに勝つ。」という斬新な効果です。
ループ系や水文明中心のコンボデッキは自分の山札を減らすことに長けており、今まで使われていたフィニッシュ手段を抑えてシャコガイルが主流になっていきそうですね。

ではどのデッキに入ってくるのかという点についてもう少し具体的に考察していきたいと思います。

まず一つ目は、ジャックライヤと呼ばれる型のループデッキです。ジャックライヤとは、場にベイBジャックと手札にアクアライヤ2枚がある状態でアクアライヤを交互に出すことによってループを生み出すデッキです。
その際にミストリエスやズンドコ晴れ舞台、偽りの名スネークなどがあれば手札やマナが無限に増えていき、シャコガイルに繋げることによってエクストラウィンを達成することができます。条件もさほど厳しくなく、水と自然という比較的安定した文明がデッキの中心となるので、シャコガイルを使うループデッキはジャックライヤが一番多くなるかもしれません。

ベイBジャックライヤ



二つ目はオプティマスループです。コートニーがいる状態でディスオプティマスとラララライフのコンボを使ったこのデッキは、オプティマスの殿堂により弱体化したものの、決まれば即死なので凶悪なループデッキとして有名です。ここで一つシャコガイルを使用する際の注意点なのですが、勝利の条件が「最後の1枚を引く」なので、マナブーストで山札を全てなくすのではなく、5枚残して自身の2番目の効果で相手ターンの最初に勝利するということを覚えておきましょう。

コートニーオプティマスラララライフ




以上のように、今までのループデッキのフィニッシャーよりも軽い条件でエクストラウィンを達成できるシャコガイルは、今後CSなどでもよく見るようになるカードかもしれません。
ただし、コスト9という点が意外ときついので、効果的な踏み倒し方法などが考案されない限り、凶悪というほどバランスが壊れているわけではなく、良いカードだと思います。

余談ですが踏み倒し方法としては
①クイーンアマテラス召喚→ヒラメキプログラム
②ガチダイブ→落城の計
③アトランティス→転生スイッチ
などがあるので、これらを使ってループデッキ以外でシャコガイルを運用してみても面白いと思います。

最後にまたまた余談として、ゲームに負ける『かわりに』勝つ なので、置換効果が連鎖しないというデュエマのルールから、敗北を防ぐダイハード・リュウセイなどの効果を無視できる可能性があります。一方で「相手が負ける」と「自分が勝つ」が同義なのかという点については疑問が残るため、どちらにせよ公式の裁定が出るのを楽しみに待っていたいと思います。

ダイハードリュウセイ

最後に対戦動画を載せておきます。ループ対決です。




前回の記事ではサルトビジャイアントの良い点と悪い点に触れながらどんなカードかということについて記述しました。
それを踏まえて今回は、具体的にどのデッキに組み込めばサルトビジャイアントが活躍できるのかという点について考察していきたいと思います。

前回の記事でも触れたように、サルトビジャイアントはデッキスペースを圧迫するため、入るデッキの条件としては
①バイケンが元々入っている
②色に自然と水が入っている
ことが挙げられると思います。それを考慮した上で相性が良いデッキとして真っ先に挙げられるのはやはりシノビドルゲーザでしょう。

そもそもの収録がシノビドルゲのデッキなのでわざわざ言及するまではないと思いますが、自身の種族がジャイアントであることも相まってドルゲーザとの相性は抜群です。構築済みデッキに手を加えるとすれば必須なのは「土隠雲の超人(ウンカイジャイアント)」です。

ウンカイ


三枚見せた上で一枚手札に加えるというこのクリーチャーはバイケンやサルトビジャイアントを山札から手札に加えることができるだけでなく、バイケン、サルトビジャイアント、ウンカイジャイアントの三枚を見せた上でウンカイジャイアントを手札に加えるという使い方が強力です。それによりドルゲーザのシンパシー元を用意しつつ相手の攻撃を牽制することができます。

ドルゲーザ


次に考えられるデッキは、ドルゲが入っていないシノビデッキです。ミストリエスやハッスルキャッスルを展開し、ニンジャストライクでアドバンテージを稼ぎながら手札を切らさない戦い方をすれば、サルトビジャイアントはかなり活躍するでしょう。そして忘れられがちなのですがバイケンはニンジャストライクを使った時に1ドローという効果も持っているので、置きドロソの役割も果たしてくれます。
フィニッシャーとしてはバイケンから革命チェンジできるミラダンテⅫ、カラフルベル、オーパーツなどが面白いかもしれませんね。

ミラダンテカラフルベルオーパーツ





最後に個人的に組み込みたいデッキとしては、マッドネスデッキです。まずバイケンだけでなくアークデラセルナやザークピッチを採用してサルトビジャイアントの相棒を増やします。その上で相手に強制アタックをさせるカードを入れれば、一昔前のヒャックメーカウンターにおけるアントワネットとハヤブサマルの役割をサルトビジャイアントが一枚でやってくれます。

ザークピッチアークデラセルナ



強制アタックさせるカードとしては強制突撃やファントムベールはもちろんですが、最近のカードではデッドゲリラも面白いのではないかなと思っています。

ファントムベールデッドゲリラ



以上のように、サルトビジャイアントは組み込むデッキによって大いに活躍すると思われます。みなさんも是非色々なタイプのデッキで試してみてください。

↑このページのトップヘ